目に良い食品にはどんなものがある?

最近なんだか目が疲れる…
目の疲れが広がって首や肩も痛い…
そんな悩みをお持ちの方も多いのでは?
パソコンなどを使う機会が増えた現代人にとって、目のトラブルはまさに「現代病」といっても過言ではないでしょう。
人間は生活するうえの情報の9割を目(視覚)から得ている、という見解もあります。
寝ているとき以外はまさにフル稼働している目をいたわることを心がけると、体のあちこちの不調が改善されるかもしれませんよ。

 

とはいっても、いきなり明日からパソコンを使わない!睡眠時間を増やす!というのも、忙しい皆さんにとっては難しいかもしれません。
目にかかる負担を少なくすることは難しいかもしれませんが、目に良い食品を摂取するよう気を付けてみてはどうでしょうか?
では、目に良い食品には、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

やはり目に関する食品として有名なのはブルーベリーやキウイ、そして女性が大好きなアボカドなどでしょう。
他には牡蠣や青魚も推奨されています。

 

一番人気のブルーベリーは目に良い食品として宣伝されていますし、スーパーなどでもよく販売されています。
実はこのブルーベリーに含まれる「アントシアニン」という色素が、目に良い働きをしています。
実際にブルーベリーの栽培が盛んな地域では、目の良い人が多いという分析結果もあるのだとか。
もちろんひたすら量を食べればいいというわけではありませんが、日常的な食事に取り入れることは良いことでしょう。

 

とはいえ、忙しい毎日、常にブルーベリーを摂取するのは難しいですね。
そもそもこうした食品は、数日摂取しただけではだめで、継続的な摂取が必要とされています。
そんな皆さんには、効果的に有効成分を摂取することのできるサプリメントをお勧めします。

 

目をよくするサプリメントはたくさん販売されていますが、その中でもとりわけお勧めなのが「えんきん」というサプリメントです。
サプリメント製造の大手であり安心感のあるファンケルが販売していますし、なんといってもこの商品は「機能性表示食品」としての届出を行っている商品です。

 

・目元のピント調節機能を助ける
・目の使用による肩・首筋の状態を改善する

 

といった効果をしっかりと表記できる商品です。
もちろんこの「えんきん」にもブルーベリー由来のアントシアニンはふんだんに含まれていますし、それ以外にもDHAなどのうれしい成分が盛りだくさんです。
日ごろの目の健康習慣、もうたくさんの方が始めていますよ。