手元が見えづらくなったら老眼は必要?

近くを見る時なんだかピントが合いにくい、毎日パソコンを使った仕事をしている、寝るまでスマホが手放せない、肩こりがとにかくひどい…そんな人はいませんか?
目の疲れは時には肩こりや偏頭痛を起こします。
首も重く感じるようになって体全体がだるいような感じになってしまうこともあります。
目の使い過ぎ、自覚症状のある人も多いのではないでしょうか。

 

そうなってくると、そろそろ老眼鏡を使わなければいけないのか?と考えてしまいますよね。
まだ30代くらいまでだとすぐに老眼というワードは浮かばないと思いますが、40代50代になればやはり自然の成り行きだと思って割と簡単に老眼と決めつけて老眼鏡を使い始める人が多いです。
でも、本当に老眼鏡が必要でしょうか?

 

目の疲れに効果があるとれているサプリメント、ドラッグストアなどでよく見かけると思います。
ブルーベリーから抽出したエキスを使ったサプリメントなどがその代表格ではないでしょうか。
もしかすると試したことがあるという人もいると思います。
その中で効果を実感できずに諦めたという人も中にはいるのではないでしょうか。
そんな人にぜひ試してほしいのが、えんきんです。

 

体内への効率を第一に考えた独自処方で大きな効果を発揮するえんきん。
機能性表示食品としても注目を集めています。
ブルーベリーには目の疲れに有効な成分は含まれています。
ただしサプリメントは摂取すれば有効成分がそのまま100%体内に作用するかというとそうではありません。
大切なのはどれだけ効率よく体内に吸収されるかで、吸収率が悪ければせっかく有効成分を摂取しても意味がなくなってしまいます。

 

えんきんは摂取後に体内ですぐに溶ける植物由来のソフトカプセルを使用しています。
このカプセルを使うことで、大切な有効成分が体内で酸化してしまうことを防ぎ成分すべてを最も良い状態で体内に吸収できるように働いてくれます。

 

また老眼鏡にも色々な種類があって値段もピンキリですが、やはりお金がかかってしまいます。
えんきんは、1日あたり約70円程度で目の健康ケアを行うことができます。

 

臨床試験済みで、約1か月使用することでピント調整力が改善することが確認されています。
これだけではなく、目の疲れや使い過ぎからくる首や肩の疲れや不調にも改善効果があると確認されています。

 

老眼鏡を考える前に、まずは目の健康のために開発されたファンケルのえんきんを試してみませんか?