老化による視力の低下にレーシックは効果がないの?

年齢とともに視力は衰えていきます。
年を重ねて物が見えづらくなった、ぼやけやすくなったと感じている方もいらっしゃるかと思います。
加齢での視力低下は多くの方が経験しますが、特に気を付けておきたいのが老眼です。

 

徐々に老化する体、目の老化現象が老眼です。
40代以降の方に多く、手元がぼやけたり、小さい文字を見るときにピントが合わなくなるなど、様々な症状が現れます。
老眼が進むと日常生活に影響を及ぼすだけでなく、怪我や事故の元になるおそれがあります。
しかし、目の老化は徐々に進むため、いつ老眼になるか分からないのが現状です。

 

皆さんはレーシックをご存じでしょうか。
一時大流行した視力回復の治療法で、近視や乱視が治ると言われています。
手術件数は年々減少傾向にありますが、今でもレーシック手術を受けられるクリニックは非常に多くあります。

 

視力を回復できるのが魅力のレーシックなのですが、老眼には効果があるのでしょうか?
実は治るとも言われている一方で、全く効果がないとも言われています。

 

老眼はモノビジョンレーシックという手法が導入されています。
手術を受けられるクリニックも多くありますが、レーシックそのもののリスクについて考慮しなくてはいけません。
レーシックは人によって向き・不向きがあるため、老眼治療に向いている方と、そうでない方がいるのです。
場合によってはリスクが上回り、余計視力が低下してしまう可能性もあります。

 

レーシックのリスクはドライアイや乱視、グレアや合併症など様々です。
もちろん人によってはこのような症状が出ず、老眼を治療できると言えるでしょう。
ただ、手術を受けないと分かりませんので、老眼の視力低下に効果的か判断するのは難しいのが実状です。

 

ただし、老眼は他にも様々な方法で対処できます。
もし老眼による視力低下を感じている方は、ファンケルのえんきんを試してみてはいかがでしょうか。
目の健康をサポートする様々な成分が配合されており、特に普段からパソコンなどを使っている方や、ピントが合わないと感じている方に最適です。
えんきんはお試しセットもありますので、試してみましょう。

 

えんきんが効果的かは個人差があります。
しかしレーシックのようなリスクは無いため、まず試すには最適化と思います。
老眼の視力低下は防ぐのが難しいですが、レーシック手術を受けるかは慎重な判断が必要です。
本当に手術を受けるべきか悩んだ時は、一般の眼科で相談してみると良いでしょう。