近視の人が老眼になりづらいというのはホント?

よく近視の人は老眼になりにくいという話を聞きますが、本当でしょうか?
じつは少し違っています。
老眼とは、年齢を重ねることで何かを読むときにピントが合わなくなってしまうなど、近くの字などが見えにくくなることを指します。
老眼鏡などはこの症状を和らげるために使用します。
近視の人は眼鏡をかけている状態で日常を過ごしますが、眼鏡をはずしてももともと近くのものや字にピントが合うようになっています。
そのため老眼鏡を使用しないといけなくなるタイミングが、眼鏡をかけていない裸眼の人や遠視の人よりも遅くなると言われています。
これが「近視は老眼にならない」という解釈につながってしまっているようなのですが、近視の人でも疲れや加齢などを重ねれば老眼になり、やはり近くのものであってもピントが合わなくなり文字などが読みづらくなってしまいます。

 

以前は眼鏡をはずすと、遠くのものはぼやけていても近くのものはしっかりピントが合っていた人も、ある日近くのものも見えづらくなってしまうことがあります。
老眼鏡をかける時が来たのかと安易に考えてしまいますが、目の疲れから来ている症状であれば改善させてくれるサプリメントがあります。

 

ファンケルから登場したえんきんは、近くのものへのピント調整機能をサポートしてくれるサプリメントです。
ルテイン、シアニジン3グルコシド、アスタキサンチンにDHAがたっぷり配合されていて素早く体内に吸収して作用します。
また目に直接作用するだけではなく、目の疲れからくる特有の不快な症状なども改善する効果が高く、日常的に健康をサポートしてくれる優れものです。

 

事務仕事など、朝から晩までパソコンを使用している人は思っている以上に目に大きな負担をかけています。
その上今ではスマートフォンの使用頻度も高くなっていて、一日中目は休息を取れなくなっています。
そのままの状態を続ければどんどん目の老化は進んでしまいます。
日本では初めての目の機能性表示食品として認められたえんきんは、いつまでも若々しく輝く目を作り出してくれます。

 

老眼といいますと60代や70代などの高齢者の印象がありますが、近頃は若い世代の老眼症状も増えてきています。
20代や30代の普段眼鏡をかけている人の中には、自分は近視だから老眼にはならないと思っていた人もいるのではないでしょうか。
ですがそうではなく、早い段階でケアしていくことがとても大切です。
健康的な毎日を過ごすため、一度えんきんを試してみてはいかがでしょうか。