スマホの文字が見えづらくなったのは眼精疲労が原因?

スマートフォンの登場は、まさに現代人の生活様式を一変させたといってもいいでしょう。
日常生活のあらゆるところでスマートフォンの画面を注視することが多くなり、我々の生活は大変便利になりました。
逆に、激しい光にさらされて目には大きなダメージを負うことになってしまいました。
確かにパソコンが登場したときにも、大きな影響がありましたが、スマートフォンの普及はそれ以上のペースで私たちの目にダメージを与えています。
その理由は、低年齢化、常時化という特徴によるものです。

 

パソコンが普及したときは、主に目にダメージを受けていたのはデスクワークなどををする働く世代でした。
しかし、スマートフォンは低年齢でも持つことが多く、今では小学生でも日常的にスマホを使用しています。
また、パソコンを使用するのは仕事をするときか趣味のネットサーフィンをするときなどで、一日に使用する時間がある程度決まっていました。
一方、スマホの場合はその持ち運びの簡便性からどこでも使用することができ、最終的には布団の中で寝る直前まで使用する人も多いでしょう。
自然とディスプレイを見る時間の長期化にもつながりますし、暗い部屋の中で画面を見続けることは目に大きなダメージを与えます。

 

そんな生活習慣のもとでスマホの文字が見えづらくなったのは眼精疲労といっても差し支えないでしょう。
眼精疲労とは、画面を見ることによっておこるドライアイ、ストレスなどから目などに現れる状態異常のことです。
スマホの場合は至近距離で集中して画面を見ることになるため、眼精疲労になりやすい環境がそろってしまっています。
眼精疲労によって目の網膜などに傷がついてしまうと、結果として文字がかすれたり見えづらくなってしまい、最終的には視力低下につながるんですね。

 

こうした眼精疲労を解消するために青魚などを食べてDHAを摂取するという方法があります。
確かにDHAは網膜の材料となる脂肪酸であり、継続的に摂取することが効果は期待できるでしょう。
しかし、毎日の食事に青魚を取り入れるのって意外と大変です。

 

そんなときは「えんきん」のようなサプリメントを活用してみてはどうでしょうか?
もちろんえんきんにもDHAが1日分50mg含まれていますし、それ以外のアントシアニンなどの成分もたくさん含まれています。
最近スマホを使いすぎてるな、と思う人にはぜひ「えんきん」がおすすめですね。