えんきんに含まれるシアニジン-3-グルコシドとは?

えんきんは目に関する機能性表示食品で、価格が手ごろなことから、多くの方が試しています。
リピーターも多いようで、ネット上には様々な口コミが掲載されています。
非常に人気が高く、注目を集めている同商品ですが、その理由は含有されている成分にあるのではないでしょうか。

 

えんきんはアスタキサンチン、ルテイン、DHAなど、目の健康を守るための成分が配合されています。
いずれも目に関するサプリメントで良く配合されているもので、ご存じの方も多いと思います。
しかし、それ以上に注目すべき成分が「シアニジン-3-グルコシド」ではないでしょうか。

 

シアニジン-3-グルコシドを初めて聞く方も多いともいますが、アントシアニンの一種です。
アントシアニンはポリフェノールの一つであり、赤ワインなどに含まれています。
赤ワインが赤い色をしているのはアントシアニンによるものです。

 

このアントシアニンですが、ブルーベリー、黒大豆の皮などに多く含まれています。
アントシアニンが赤色・黒色の元になっているのをご存じの方もいると思います。
抗酸化作用があると言われており、体の老化防止などに良いとされています。

 

シアニジン-3-グルコシドは、このアントシアニンの中でも特に強い抗酸化力を持つと言われる成分です。
特に黒大豆の種や皮に多く含まれている成分で、黒大豆のアントシアニン中の90%以上がシアニジン-3-グルコシドと言われています。
ファンケルのえんきんにはシアニジン-3-グルコシドが入っていますが、黒大豆が用いられています。
しかし、どのような効果があるのでしょうか?

 

シアニジン-3-グルコシドは非常に強い抗酸化力の他に、目の血流を促進する効果があると言われています。
目の血流が改善することで、目の周囲にある筋肉(毛様体筋)や水晶体へ栄養が行き渡ります。
そして水晶体などの働きが高まり、視力をサポートするとされている成分です。

 

また、シアニジン-3-グルコシドは近眼や老眼、視力の回復にも最適といわれています。
他にもアントシアニンは数種類ありますが、目に与える影響面で考えた場合、もっとも優れている成分とも言えるでしょう。

 

ファンケルのえんきんには、このシアニジン-3-グルコシドが2.3mgほど含まれています。
目を様々な面からサポートしてくれますので、目を酷使しがちな方には最適な成分です。
目のことでお悩みなら、えんきんを始めてみると良いでしょう。