20代や30代でえんきんを飲み始めるのは早い?

みなさんもテレビCMなどでファンケルの「えんきん」をご覧になったことはありませんか?
俳優の方がえんきんの商品の文字を読むために腕を前後に…
高齢者の方にとっては「あるある」とうなづくような動作かもしれませんね。
そんなえんきんですが、高齢者の方のための商品だと思ってる方はいませんか?
実は、高齢者だけではなく、むしろ20代や30代の方にもおすすめしたい商品です。
このえんきんはどういった効果を期待することのできるサプリメントなのか、どんな人におすすめなのか。
改めて見ていきましょう。

 

このサプリメントは、機能性表示食品として、「目のピント調節機能を助ける」ことを明記した商品です。
また、「目の使用による肩・首筋への負担を和らげる」ということも明記しています。
これらは青魚などに含まれるDHAをはじめとして多くの栄養素が含有されているため、表示しているものです。
たしかに高齢者などピント調節機能が硬直化してしまっている人にとってもうってつけのサプリメントなのですが、若者にとってもぴったりのサプリメントです。

 

その理由は、パソコンやスマートフォンを日常的に使用する生活習慣です。
昔の日本人と比べて、現代人はほぼ日常的にパソコンやスマートフォンを使用しています。
確かに便利になったのですが、電子機器から発せられるブルーライトは目に負担を与えます。
近くが見にくくなるということも多いのではないでしょうか。
嘘のような話ではありますが、最近は高齢者以外であっても、近いところが見にくい…と感じることがあるようです。

 

また、必然的に座りっぱなしの生活になってしまうため、不自然な姿勢が続くことになり、首や肩への負担も大きくなってしまいます。
そうした生活習慣になりがちなのは、まさしく20代、30代のデジタルネイティブな世代。
10代のころはいくら携帯をいじっていても目に負担なんか感じたことなかったのに、デスクワークが続くと疲労を感じていたりしませんか?
そんなときに使用してもらいたいのがこのサプリメント「えんきん」です。

 

「えんきん」は多くの方に愛用されているサプリメントですが、なんと今なら公式ホームページからの申し込みでお試しセットを購入することができます。
2週間分2袋でなんと1000円。
効果がどれほどのものなのかを、なんと1000円で試すことができます。

 

目への負担を減らすためには負担の原因となるものから遠ざかるのが一番ですが、デスクワークが仕事の人にとっては遠ざかるのは難しいもの。
少しでも目をいたわるためにも、そして近くの物を見やすくするためにも、こうしたサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか?